外食から中食、お子様から高齢者まで、あらゆる食シーンに対応しています。

江戸糸あやつり人形

  • HOME »
  • 江戸糸あやつり人形

株式会社明治フードでは「江戸糸あやつり人形」 上條 充 さんを応援しています。

江戸糸あやつり人形の詳細

動画はコチラ

 

上條 充 さんプロフィール

1955年北海道・旭川に生まれる

1979年東北大学工学部を中退後、東京都無形文化財・糸あやつり人形結城座に入る。11代結城孫三郎の元で修行

1990年11代結城孫三郎と共に結城座を離れ、「操り座 おどらでく」を結成

1992年独立「江戸糸あやつり人形」を設立 大道芸を模索(糸操り人形の魅力を伝えるため)

1993年府中市桜祭りにて大道芸デビュー

1994年ウィーンにて大道芸

1995年積極的に大道芸に出る 新宿西口地下・新宿歩行者天国・井の頭公園など

1996年「グッズ・プレス」(徳間書店刊)、「痛快!エブリディ」(関西テレビ)で紹介される。劇団燐光群・欧州公演「神々の国の首都」に客演

1997年読売新聞・都民版(10月2日)、家の光(11月号)などにて紹介される。上條をテーマにした「芝居小屋から飛び出した人形師」(新井由巳著)が、第2回「週刊金曜日ルポルタージュ大賞」佳作に入賞。大道芝居「かみなり」を初演(でこぼこの土の上で人形を遣ううちに、芸能の原点は土の上にあると気付き、大地に根差した芝居作りを始める)

1998年「イラスト辞典・大道芸大全」(馬越ふみあき著、同文書院刊)にて紹介

1999年日本劇作家大会’99北海道大会シンポジウム「人間の身体・人形の身体」に出演(他に太田省吾・和栗由紀夫・和田喜夫・長谷基弘)。仙台CAT-V「セレクション30 上條充”江戸糸あやつり人形の世界”」出演

2000年「受け継がれていく伝統人形芝居」に出演(八王子車人形西川古柳一座 主催)。自主公演「海外公演のための特別公演」(6月1日~4日、梅が丘BOX)。自主企画ブラジル・パラグアイ・アルゼンチン公演(6月14~26日)

2001年自主企画 パレスチナ・イスラエル公演(3月8~20日)。「フォト」(5月1日号、時事画報社刊)。「江戸の町がやってくる」(NHK総合「首都圏いきいきワイド」、BS-2衛星寄席)

2002年横浜にぎわい座・柿落としに出演。パレスチナ支援公演(5月26日築地本願寺、5月29日神谷町光明寺)。自主企画 ブラジル・アマゾン、ボリビア、ペルー公演(9月9日~10月2日)。国際交流基金派遣事業・中南米デモンストレーション(10月10日~11月6日)。東京都公認ヘブンアーティストに認定される

2003年NHK・BS2「この人この芸」に出演(2月11日放送)。韓国 第8回公州アジア一人劇祭に招聘される

2004年読売新聞・都民版(4月4日)、TBS「お江戸粋いき!」(5月16日)。NHK「BSふれあいホール」(6月28日)。CBC{ときの探訪}(10月7日)。台湾・雲林國際偶戯節(7月10日,11日)に招聘される

2005年東京演芸協会ブラジル・イグアス訪問団を企画・出演(6月15日~7月1日)。自主企画アルゼンチン公演(10月26日~11月9日)。子ども放送局・チャレンジ教室(11月26日放送)

2006年日本テレビ「ぶらり途中下車の旅」(1月21日)「Oha!4」(8月17日放送)。BSジャパン「未来図鑑 NEXT BREAKER」(5月2日放送)。関西テレビ「スマイル」(6月7日放送)。時代劇情報チャンネル「瓦版」(適時放送)。サンデー毎日「人間列島」(9月3日号)。自主公演「節分」(2月10日・11日 向島百花園)

2007年自主公演「江戸糸あやつり人形と向島百花園―季節の吹き寄せ“梅と節分”」(2月10日~12日)。読売新聞「枝川公一の東京ストーリー」(5月31日)

2008年いいだ人形劇フェスタのポスターになる。ブラジル公演演芸団の企画・出演(9月18日~10月5日)

2009年NHK-BS2「お好み寄席」に出演(4月21日 放送)。読売新聞・夕刊「しあわせ小箱」に連載(5月11日~15日)。フランス・ナンテール大道芸フェスティバル、タイ・バンコクストリートショウに招待される。文化庁芸術祭参加公演(10月30日~11月1日 向島百花園・お成り座敷)

2010年テレビ朝日「東京サイト」(9月1日 放送)。自主企画・ドイツ公演(9月10日~22日)

2012年スロヴェニア・マリボルで行なわれた欧州文化首都に、文化大使として招聘される

2013年ニューヨークにてコンテンポラリーダンサーと、日本にて舞踏家とコラボレーションする

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0282-45-2360 受付時間 8:00 - 17:00 (土・日・祝日除く)

PAGETOP
Copyright © 株式会社明治フード All Rights Reserved.