正常性バイアスとは?

「正常性バイアス」をご存知でしょうか?

約1ヶ月前から、武漢肺炎がTVで報道されました。

都内の方々マスクもせず、「武漢肺炎とはなんぞや」状態でした。 

さて、冒頭に申し上げた「正常性バイアス」ですが、それが上記にあてはまります。だから一体正常性バイアスってなんなの?

正常性バイアスとは・・・自分になんらかの被害が予想される状況下にあってもそれを正常な日常の延長上の出来事としてとらえてしまい、都合の悪い情報を無視したり、過小評価したりしてしまう人の特性です。

「なんか、TVでコロナ、コロナ騒いでるけど大丈夫っしょ!」

「自分は大丈夫、まだ大丈夫」

そう思いたい気持ちはよくわかります。でも、現実をしっかりと受け止め

やるべきことをやるしかないのです。

正常性バイアスが強くはたらくと、例えば火事・地震・津波などで逃げ遅れが発生します。

社内では定期的にドアノブなどをアルコール消毒したり、従業員は全員体温測定、手指消毒(もちろんトラック内も)うがい、手洗い、など基本事項を実践しております。

以上、防災士より

防災の準備はしていますか? 4

前回から かなり間が空いてしまいました・・・  申し訳ありません。

決してサボったわけではありません!!   メニューに関して悩んでました・・・

さて 今回から災害時の食事メニューを紹介したいと思います。 参考になるかどうかはわかりませんが 少しづつ紹介したいと思います。

すでに防災準備をしている方もいると思いますので カセットコンロなどを使用しない アウトドア的な手軽な調理方法などの紹介です。

材料は 冷蔵庫にあるもの、震災時にスーパーでも手に入る食材で作ります。基本的に調味料関係は準備しましょう。

では 紹介したいと思います。

「白身魚のホイル焼き」

(材料)・・・・・・白身魚の切身、大葉などの葉っぱ系、シメジなどの茸類、バター等

(作り方)・・・・・ホイルに大葉をしき、その上に切身をのせます。切身のわきに シメジをちぎって添えます。お好みで 切身の上に大葉を

のせてもOKです。 最後に、バター(マーガリンも可)を少しのせて しっかりホイルで包んだら完成です。

焼くのは、BBQみたく網の上でもいいですし、何もない場合は 少し穴を掘り、落ち葉を集めて燃やしましょう。

焼き芋みたく 落ち葉の中の奥に入れ、暖をとりながらながら出来上がるのを待ちましょう。完成したら 火傷に気をつけて取り出し

味付けはお好みです。   シンプルに 塩だけでもいいと思います。

ちなみにこちらがイメージ画像です!!

***応用編***

「鮭のマヨネーズ焼き」 「鶏肉と香草のホイル包み」 etc・・・素材を生かして、シンプルに お好みの魚や肉系を使い、塩コショウのみの味付けや

焼きあがった後に 余熱で チーズやバターを溶かすのもいいですし、市販用のトマトソースやパスタソースなどをかけるのも美味しいと思います。

*臭みが気になる方は、生姜や香草類を活用しましょう。

(あくまでも 参考例なので、手に入る材料で挑戦して下さい。失敗は然程無いと思います。)

後日、実際に作ってみたいと思いますので、出来次第 その模様を画像付きで報告したいと思っています。

次回は、屋外で 鉄板、フライパンなどを使った料理を紹介したいと思います。

防災の準備は出来ていますか?3

今回で第3回目となります 地震についてのお話です。

今回は活断層とプレートについて 画像をアップします。

説明は 画像を見てもらえば一目瞭然ですが 是非、確認して下さい。

まずは 大地震が多く多発する可能性の高い プレートの画像です。

ご覧のとおり 日本はプレートに囲まれている国です。 だから 地震も頻繁で

火山活動も多いのです。 その代わりに 心身共に安らぐ 温泉も多いのです。

次は 現在ある活断層の画像です。 あまりの量に驚きは隠せません。

そして、現在もっとも危険とされている活断層の画像です。

ご覧のとおり  今 頻繁に地震が起きている場所だとは思いませんか?

最大震度も見てわかる通り 関東で大震災が起こる可能性がわかります。

正直 恐ろしい気持ちでいっぱいです。 しかし、これが現実なので 防災と共に

心の準備もしていきましょう!!

次回は災害時簡単に調理できるレシピを紹介します。

防災の準備はしていますか?2

引き続きASHから皆様へ

最近 富士方面・東北・北茨城でも大きな地震がありました。今後も余震を含め大きな地震が続いていくと思われます。                       今回は 詳しく我が家の災害対策の準備をお伝えします。

数週間前に家族会議を開き、今後、最低限の準備をする事を決め お互いの安否の取り方、いざという時の行動を話し合いました。 非常食・防災グッズ・キャンプ用具は全て物置に保管しており、そのカギは自分と妻で別々に車のカギに付けて保管しています。その理由は、家屋倒壊や自宅から離れていたら、近くにいる方が準備をする為です。 自宅の中にも防寒類をまとめておき、すぐに持ち出せる様にはしています。

* 一番大切なのはどこに何があるかを把握しているかどうかだと思います。

では準備しておく物を参考までお伝えしたいと思います。

(停電に備えて)

○手まわしの懐中電灯・・・ソーラー式、充電機能、ラジオ付の為 一番必要な正確な情報も手に入ります。

○庭用のソーラーライト・・・LED式も多く 低価格でもあり 家の灯りを保ちます。

○キャンプ用のランタン・・・天候が悪く ソーラーの充電が不十分な時に使用します。

○練炭・・・自宅のこたつは掘りごたつにもなるので、暖をとる為に使用します。昔の人は練炭でこたつにしていたそうです。

* 全て乾電池不足を考えています。ローソクは余震の続く中 不安定でもあり 火事という2次災害を防ぐ為に使用しない方が最適です。

(生活について)

○トイレットペーパー、ティッシュ、ウェットティッシュ、常備薬、タオル、ホッカイロ、女性は生理用品、小さいお子様がいる方は、オムツ、ミルク等の用意をしておくと便利です。震災後は店頭から消えていった商品です。

○車のガソリンは半分になる前に入れておくといいと思います。

○石油ストーブを使っている家庭は 灯油もポリ1つ多めに保管しておくといいと思います。

* 燃料系は、以前の震災で共に苦労したと思われます。2度と繰り返さない様に経験を活用してください。

(非常食について)

○水は多めに準備しましょう。ドラッグストア等で安い時に買うといいと思います。

○缶詰、カップめん、レトルト品、お餅などもオススメです。

○お米は味は落ちますが無洗米があると便利です。                                                              * パン類、カンパンなどパサパサした物は水分を欲する為 あまりお勧めできません。 また低血糖を防ぐ為、チョコレートやアメもあるといいかもしれません。

大地、揺れ過ぎ

先日、所用で初めて広島に行きました。広島が、太平洋戦争末期に原爆によって甚大な被害を被った町であることは、誰もが知っている。しかし、私は1度も訪れことがなかった。当然、原爆ドームを訪れるのも初めてだった。早朝のドーム前には、ほとんど人気はなく、珍しく雪が舞っていました。丁度、ドームは健全度調査中ということで、全体が足場に覆われていました。ドーム前の石碑に、このドームの上空500メートルで原子爆弾が炸裂し、2km四方を焼き尽くし、20万人が亡くなったことが、刻まれていました。今目の前にある静かな風景からは、想像もできない地獄がここにあったのです。土地の人の話では、現在の広島は、災害も少なく、とてものんびりしたところだそうです。地震も少ないそうです。私の住む東日本は、昨年3/11大いに揺れ、その後も余震で揺れ、現在でも、余震とは思えないほど揺れ続けています。たまたま、1月12日に読んだブログを以下転載しますと

以下引用=============================

今日、驚くべき話を聞きました。

仲良しの、山中湖のA氏の話。

例年になく
異常に気温が低い日が続いている
富士五湖地方です。
マイナス12度とかになってしまい
我が家は水道を凍らせてしまった話はなんどか
書いたと思うのですが・・・

こんなに冷温が続いているのに
水道がなんで凍らないんだろう???
って皆言っている、というのです。

え~なんで?
うちは凍っているよ!
というと
我が家より標高が高い山中湖、忍野が
水道が凍らない、何でだろ~と
皆言っている、とのこと。

考えてみたら、
私のところは湖の北側なので
御坂山塊系の水です。

それに比べて
凍ってないと不思議がっている場所は
すべて
富士山の1000Mくらいの地下水を
ボーリングしている土地です。

通常マイナス4度以下になると
水道は凍ります。
マイナス14度までいって凍らないのは(山中湖)
地熱があがっているからとしか
思えないのですが。
しかも1000mくらいの地下の地熱が。

A氏は本業が建築関係で
富士五湖地方のすべての水道屋さんと親しいのです。
「水道屋がこんなの初めてだ~っていってるんだよ。」
というA氏の言葉に
寒気を覚えた私。

明日
本栖湖と精進湖の友人のところにいって
裏づけを取ってきますね!

==========================引用ここまで

この記事をメモ帳に保存してからほぼ2週間後の1月28日、富士五湖で震度5の地震が発生しました。地震は28,29日で富士五湖近辺で頻発しています。このエリアは、過去の地震履歴ではあまり登場しないのに、なんとも不気味です。

上記は、見づらいですが日本に起きた大地震の年代記です。素人目に見ても、東海・東南海・南海・東北で起きる地震には大いに連動性があります。明治フードとしても災害に対するできる限りの備え、気構え、行動基準を決めて対処して行きたいと思います。

防災の準備はしていますか?

毎日  寒い日々が続きますね。

東日本大震災から あと1月半くらいで1年になります。   正直 あの日の記憶が薄れている方も多いはずです。

今回は 最近 ニュースや新聞などで報道されている  まもなく来るであろう「東京直下型大地震」の関連で

防災準備はしているだろうかと思い 投稿しました。

東日本大震災では 多くの方が 日常の生活に慣れ  大変不便な日常を送ってきたと思います。

自分の家は 地下水の為 ポンプで全ての水を使用していました。  しかし  停電が起きれば 家の全てのライフラインが止まります。

水道はもちろんトイレもです。  当時の辛い思いは出来るだけ避けたいのが本音ですが  関東で大地震が起きれば

避けられないのが現実だと思います。   今回は 東日本大震災の経験を生かし 先週から 防災準備を始めました。

まずは 手回し式の懐中電灯です。  充電機能も付き、情報不足にも困らないラジオ付きです。低価格で販売していました。あとは 飲料水 食糧 乾電池 ティッシュ等です。  運良く 家族の趣味でキャンプにも行くので ランプ、テントなどは

一式揃っているので 何かの役にはたちそうです。

震災後は 全ての商品が無くなり 本当に必要な人には 行き渡っていなかった。 このような現実は避けていきたいと思いませんか?

少しづつでも  2.3日分だけでも みなさん準備をしていたほうがいいと思います。

「備えあれば憂いなし」 ですよー!!

今年もあとわずか

「あんなことも、こんなこともあった」が今年もあと僅か、なかでも3/11の東日本大震災

は忘れてはならない。

某スーパーの1.2階のテナントが入れ替わり、クリスマスツリーも煌びやかな電飾でなく、

被災者への復興応援メッセージや恋愛の事などのカードがさがっている。

こんな光景は世相を反映してるのかな。ジングルベルもあまり聴こえない。

間もなく、おせち料理やお正月用品が沢山並ぶと思うが、今年は今まで手作り

した事のないものを一品手作りしてみようと思っている。来年は大開運の年だとか。

より良い年になります様に願いを込めて。

旬のもの

今週から震災後mf日記再開と言う事で、私、山坊主が勤めさせて頂きます。まず初めに、このたびの地震、その直後の津波で亡くなれた方々にご冥福をお祈りするとともに、被害に遭われた方々には一日でも早く復興される事を心よりお祈り申し上げます。

私、山坊主、食に関する会社に勤めさせて頂いてますが、いざ料理となるとまったくと言っていいほど無知でございます。とめ、齢35歳になりますが、料理というと目玉焼きと、山形県名物芋煮ぐらいしか作れません。(栃木県出身ですが何故か芋煮が好きなので、理由は別の機会に)これでは食に携わるものとしてまずいかな—-。と、思いすこしづつレパートリーを増やしていこうと思い、今回は、「菜の花の胡麻和え」を作ってみました。

材料   ・冷凍菜の花500G(中国産)

・糸こんにゃく、だいたい200G。

・しめじ1束。

・千切り人参ちょっと。

・油あげ(好きなので2枚)もちろん細かくしました。

・白ごま、ちょっと。

・ しょう油適当。

・砂糖適当。

・みりん適当。

約、45分ぐらいかかっちゃいました。もう少し手際よく作業、片付けしないと・・・・・。量も、かなり多くできちゃいました。

味は、砂糖を多く入れすぎたせいか、やたら甘かったです。なんだかんだで大変でしたが、これからも簡単に出来る料理を作っていきたいです。

東北地方太平洋沖地震

3月11日地震が発生してから5日が立とうとしています。

被災にあわれた方々に心よりお見舞い申し上げます。

社員一同被災地の一日も早い復興をお祈りいたします。

明治フードからの現状をお伝えします。

◎本社の現状◎

本社では社内の花瓶が割れ、倉庫内の荷物が若干崩れてしまいました。

メーカー様の倉庫内でも地震により荷崩れ等が起き、本社への納品業務がされていない状態です。

弊社にとっても各お得意様への商品の供給が滞っている事態が少なくともある状態です。

◎宇都宮支店の現状◎

宇都宮支店では倉庫内のエアコンのパーツが外れてしまい、事務所のエアコンもずれてビスが落ちてしまいました。

現時点では地震の影響が大きいため、荷物が入らず必死に商品を集めている状態です。

11日の15時頃に地震が発生し、金曜日だったため土曜日の納品分には支障を来たさず納品できた事が幸いです。

14日からの納品の部分では金曜日に発注していたものの荷物が全てストップしてしまいました。

今週末から少しずつ入荷する予定があるとはいえ、正常に戻るにはかなりの時間が必要です。

私達一人一人が力を合わせ、この危機を乗り越えられるよう頑張っていければと思います。